離婚後の、子どもとの接し方

2018年8月4日

離婚後、子どもと会える取り決めが出来た場合

離婚後も、子どもと会う機会を持てるように取り決められた場合について書きます。

離婚後、今まで大好きだった親と、別れて暮らすことになる子ども。

子どもがさみしい思いをするだろう。

それを恐れて、なかなか離婚に踏み切れなかった夫婦も多かったでしょう。

子どもにとっては、両親の存在は何にも増して大きいです。
例え、理想の親ではなくとも、
親のする姿を見て、育ちます。

笑っていても、怒っていても、愚痴を吐いていても、それをすべて見て育ちます。

ですから、

喧嘩ばかりしているところを見せたくない、
悲しんで泣いているところを見せたくない、
そうして、離婚を決意された、そのお心は、ぜひ大事にして欲しいのです。

そして、自分たちが幸せになるために、子どもの将来を大事に考えた結果だと、伝えていく必要があります。

幸せのために、離れたのだと。

もちろん、すぐには理解はして貰えないと思った方がいいでしょう。

出来れば、自由に両方の親と会える環境が望ましいですし、
それでうまくいっている夫婦も紹介しましたが、

娘を父親に会わせたところ、
その娘を殺してしまった、という事件もありました。

父親の気持ちとしては、母親に取られたくない、

それだけ、妻への憎しみが続いていた、

離婚の条件が納得いかないものだったのに、印鑑を押すことになった。ということなのでしょうか。

両親の離婚の際の心理が、少しでも前向きな状態でないと、
後々、自分たち、子どもに遺恨を残したままになってしまうでしょう。

離婚という問題を抱え、履行した、という事実は変えられない訳です。
納得出来ない部分はどうしてもあるでしょうが、
離婚届に判を押し、提出して、別居した時点で、それは受け入れたのだ、と思わなければなりません。

それからのそれぞれの生活を充実させること。

経済的な面もそうですが、
幸せな結婚を誓い、上手くやっていけた時期があるだけに、
それをもう一度、と夢想するのも仕方ないことです。そして、それを思って努力もされたでしょう。

でも、それは、もう手に入らないのです。
手に入れられるとしたら、復縁を考えるしかありません。
でも、叶わないのならば、
今現在の状況を受け入れて、前に進むしかありません。

それぞれが、傷を持って別れるのが離婚であることは間違いありません。
でも、傷を引きずって、自分たちを責め続ける材料にする為ではないはずです。

離婚して、しばらくは、何も手につかないかもしれません。

前に進む気持ちが起こらなければ、
そんな自分を、尊重してあげて下さい。
泣きたい、喚きたい気持ちも全てです。泣いたって、叫んだっていいのです。それだけ、傷ついてきたのですから。

でも、取り交わした約束は、きちんと守って下さい。
そして、子どもと会える日を、楽しみにしていて下さい。

子どもが自分を責める時

もちろん、自分の気持ちが落ち着かないのに、子どもに合わせる顔がない、という気持ちや、

親失格だ、という気持ちも湧いているかも知れません。

子どもに会いたい気持ちと、そんな気持ちの間で揺れ動く、そんな時は当然あると思います。

それは、きっと、子どもの事を思ってのこと。

大事に思っているからこそ、
こんな自分は子どもから遠ざけた方が子供のためにはいいのではないか、と思いがちになるのです。

もしくは、そんな気持ちを押し殺して、子どもの前では、笑顔を作ろうとする、いわゆる、自分を犠牲にするという接し方をしてしまうことがあります。

もちろん、子どもに会っている間の時間は、とても嬉しいと思うでしょうし、

別れの時は、悲しくなります。

別れたあとで、まるで罰を受けたかのような気分になるかもしれません。

でも、そんな親と、子どもは会いたいでしょうか?
幸せな気分になれるでしょうか?

子どもたちは、その自尊心の発達が未熟であるほど、自分が悪い、と思うようになる可能性があります。

子どもは、自分と会ってくれて心から嬉しいと思って貰えないと、自分が悪いのかと思うようになります。

ただでさえ、離婚したのは、自分が悪い子だからと考えてしまう子も居るでしょう。

また、会える日が決まっていることすら、自由に会えないのは、自分が悪いのだ、罰を受けている、と思い込んでしまう子も居ます。

子どもは、思う以上に親に従順です。
親に言われた事は、守りますし、
親の選択も、出来るだけ尊重しようとします。

会えるのを楽しみにしている子どもに、
いつも会えないのは、親の事情であり、子どもは何も悪くない、と伝えてあげて下さい。

そして、罰を受けているのではなく、そういう生活を選んだんだ、と、親も子どもも、双方が納得できるようになっていくことが大事になります。

そして、離ればなれでも、充分幸せになれるのだと言えるようになって下さい。

親の笑顔が、子どもを笑顔にするのです。

まずは、新しい生き方を探ること。
それは、新しい形になった家族になったからこそ、模索できる生き方なのです。