家庭内別居にならないためには

2018年8月4日

①夫婦の最終過程

これまで、夫婦の問題を取り上げて来ましたが、
全て、解決しないままに来てしまうと、
とうとう、家庭内別居まで進んでしまいます。
顔も見たくない、ただ、経済的、表面的、世間体で、一緒の家に暮らしているだけです。

家の部屋だけでなく、精神的な壁を作って、もうそこからは立ち入らない、という線を引いてしまっています。

それって、もはや夫婦と言えるの?と思うのですが、一緒に暮らす事を選んでいる以上は、まだ、なんとかしたいと思っているのではないかと考えられます。

問題というのは、起こってみて初めて、最悪な事になってしまった、と捉えるものですが、実は、これまでの蓄積の「結果」なんです。

家庭内別居は、最悪な夫婦関係と言えますが、その前に、喧嘩や、いざこざ、それを一つ一つ解決してこなかった、というプロセスが見て取れます。

小さな問題を、問題として捉えてこないで、放置してしまったのですね。

問題はチャンスなんです。
自分を自由にする為の。

もちろん、その都度、解決しようとして喧嘩もしてきたのでしょうが、上手くいかなかった、と諦めた結果とも言えます。

しかし、そこには、相手をどうにか、自分の思い通りにしたい、という、コントロールをしたい、という気持ちはなかったでしょうか?

コントロールでは、相手は動かないのです。

むしろ、相手は動かせない、変わらないと思った方がいいです。

ならば、どうするか。
やはり、自分のありのままの価値を認めて、余裕を持つ事から始まります。

きっと、家事に仕事に、と、頑張ってこられたことでしょう。

それでいっぱいいっぱいで、細かいところに目がいかなかった、
お互いには声をかえず、子どもの世話を優先してしまった。

自分たちのことは後回しにして、我慢してしまったんですね。

自分を認めることと、子どもの世話、仕事、
両立しないことはもちろんありませんが、
自分にご褒美の時間をあげて、労ってあげる、
そんな時間は少しでも作れませんか?

お茶やコーヒーを飲んで、自分のために、ぼーっとする、でもいいんです。

自分をまず愛してあげて下さい。

きっと、夫婦の問題をずっと抱えて生活してきたということは、
お互い、愛し愛されないのだ、という気持ちになってしまっているのでしょう。

口を開けばお互いをののしる、
あるいは、顔も見たくない、
そこまでになってしまえば、愛なんてどこかに消えてしまったと思っても仕方ありません。

でも、心の奥底では、愛されたいのに、とか、愛したいのに、という気持ちがありませんか?

②気付き

よく、「気付き」という言葉を使いますが、
本当は、愛のある生活を取り戻したいんだ、という気付きを得てみませんか?
まず、傷ついた自分を慰めませんか?

恐らく、長い間の闘争で、疲れ切って
しまったと思います。

深いところ(潜在意識)でまだ女性であることを恨んでいる自分がいて、つい男のような行動をしてしまう。
・愛してくれなかった両親に対して復讐心が残っていて、両親の愛を素直に受け取れない。
・私なんて愛されるに値しない、という思い込みがまだ少しあって自己犠牲的な行動を採ってしまう。
・男は敵だ、という思いがどこかに残っていて拭い去れないために、他人と競争してしまう。
・自分自身をまだ解放することへの怖れがあるので、自由を感じきれていない。
というところでしょうか。

普通の、仕事や、子育てでは、普通の顔をして生活出来ている。

しかし、こと夫婦問題となると、上手くいかなくて、それがさらに、自分自身の疲れを招いたと思います。

全て放棄できたら楽なのでしょうけど、きっと、全て、きちんとこなさなければならない、という義務感で頑張ってこられたことでしょうから。

しかし、潜在意識ではもっと自分らしく幸せを感じたい!という欲求を持っているのです。ですから、ギャップに抵抗があるし、逆に言えば、望めば、本当の幸せに近付けるということなのです。
問題が、それを気付かせてくれた事は、もう、何度もあったのかもしれません。

その都度、心の奥底に押し込めて来た、
今度こそ、それに気付き、解放してあげませんか?

遅いということは、ありません。
たとえ、何年も、家庭内別居の状態だったとしても、
気付いた時が、そのチャンスなのです。

だから、問題があることは、いいことなんです。
重要なのは、
ここで、自分の見方を変えること。
自分にはまだ可能性がある、ということなのです。

何度もいいますが、
別れても、別れなくても、幸せになれる。
その可能性に向かって、自分を動かしましょう。

ありのままで、愛されている、
自分は愛の人だ、
そういうイメージを持ちませんか?

長年、培った、諦めの感情は、
前向きのイメージを打ち消して来たことでしょう。

でも、幸せは、自分が既に持っている。
その気持ちに近づける自分がいるなら、
壁を打ち破ることも可能になっていきます。

壁の中で、守られているように思いながら、居心地が悪いと、心を消耗しているあなた。

壁から解放されて、本当の気持ちに正直になりませんか?