また別れないように

2018年8月4日

復縁について、書いて参りました。
せっかく、復縁出来たなら、そのまま、生涯を共にしたいですよね。

え?そんな将来のことは分からない?

他の人を好きになる可能性、あるかも知れないし・・・

また、相手が、他の人に走るかもしれないし・・・

という気持ちがある方。

こんな心理が考えられます。

 

安定なんてつまらない

もしかして、安定を好まない方ですか?

いらっしゃるのは分かっています。
安定は、自分には似合わない、と分かっていらっしゃる方。
自分は、一人では我慢出来ない!
何人もの相手がいないとダメなんですという方。

大抵、自分だけを愛してくれないから、と、去られるケースに至るのですが、
それでもいいと、二股、三股に応じて下さる方もいらっしゃるので、
この世はうまく出来ているなあと思います(笑)

やっぱり、みんな寂しいんですね。
浮気の項で書きましたが、
浮気する人は、元の相手は切れない人が多いようです。
だから浮気と言うんですが、
他の方を好きになっても、
その人に乗り換えるというよりは、
いいとこ取りしたいというか、
ステディに無いものを求めて、
全く違う人を探し求めて来たり、
あるいは、似た人ばかり侍らせて、
どれだけ、好みがブレないんだ、という人もいらっしゃいます。

二股、三股というのは、保険のようなものですから、
一人ダメになっても、まだ後に居るわけです。

寂しがりやさんなんですね。
よく聞くと、
親も浮気していたとか、
子どもの時に愛された記憶がないとか、
構ってもらえなかったとか、
という答えが返って来ます。

だから、結局そういう人だと分かって、やっぱり別れる、という事になったら仕方ないのかな、と思います。

嫉妬

自分に自信を持ちましょう、と何度も書いて来ましたが、
それでも心配な方。
焼きもち、嫉妬心が強いのかも知れませんね。
これも、やはり相手本位で物を考えているから。

自分が愛してるんだから、いいんだ!
となれば話は早いのですが、
相手は一度別れた人。
それも、他の人とくっついてから、離れて戻ってきた、とあらば、
「他の人」に、嫉妬心というか、
またその人に戻ってしまうのではないか、という心配をするのも無理ない事です。

嫉妬心は、その人が、自分に無いものを持っている、と思うと起こります。
逆に、羨ましい、と思っているという事です。

羨ましいと思う部分は、実は自分にもあるものなんですが、分かりますか?

自分にその部分が無ければ、関心を持たないのです。
羨ましいとも思わないのです。

自分が要らないと思っている、ガラクタだと思っている物を、その人が沢山持っていても、羨ましいと思わないでしょう。

自分が欲しいと思っているからこそ、
持っている人が羨ましくなるのです。

ということは。
自分に手繰り寄せる方法は、自分の中にあるのではないですか?

そんなの、ないない、と思うかも知れませんが、
気になる、いない方がいい人というのは、自分に近い性質を持った人の方が多いのです。

驚くほど、似た性格だったり、
同じものを欲しがったりします。

自分の欲しい人を好きになった。
それだけで、「他の人」は、あなたと、好みが似ている、と言ったら納得されますでしょうか。

もし、相手が惹かれた人の事が少しでも分かったら、
そして、その人が、自分に無いものを持っていて、
自分もそれが羨ましいと思うなら。

羨ましい部分を手に入れる事は容易い、というか、もう、自分が持っているものなのです。

あとは、自分の中から引っ張り出して、磨くだけ。

あなたの魅力は増して、
相手は、あなたを手放さなくなると思いますよ。

浮気相手の事を真似るなんて、ちょっと悔しいと思うかも知れませんが、
新しい自分になれる、これもチャンスなのです。

復縁したから幸せ?

復縁できた、これで安心、と、また愛情にあぐらをかいていませんか?

それが、別れの原因だったはずなのに。

せっかく、自分のことを見つめ直し、相手を許したんですから、

その気持ち、ずっと持ち続けましょう。

常に、新しい自分でいること。

新しいことを見つける自分であること。

自分の魅力を増すためには、足りないもの補う、というよりも、

いいところを伸ばす方が絶対にいいんです。

あるいは、増えすぎた体重を減らす、というような、今ある自分を削る行為はやめましょう。

増えた体重は、魅力的に見せたらいいのであって、無理して、ダイエットするのが得策ではない事もあるんです。

自分を変える、ということは、今の自分が嫌、ということですからね。

常に、自分のいいところを見つけて、

そこを綺麗に見せる、魅力的に見せる努力の方が、喜ばれると思いますよ。

いつも新しい自分になるということは、無理やり変えるのではなく、

ここに何を足したら、いいところが輝くか?を考えることなのです。

復縁するということは、古い畳にまた恋をするということ。

せっかくだから、綺麗に保ちませんか?

その方が長持ちしますよ。