我慢の時期

2018年8月4日

失恋して、辛い時期。

早く、あなたの元に戻りたい。

その気持ちはものすごく分かります。ですが、

復縁の行動に出る時には、
少し我慢の時期が必要です。

いくら自分次第と言っても、
相手の気持ちを考えない訳にはいきません。

相手が別れを選んだ理由があるのですから、
それを忠実に実行した相手を責める訳にはいかないのです。

別れの理由は何か。ご自分でもわかっていらしゃるのではないでしょうか。

全く分からない、という事もありますが、それは、相手の苦悩を分かろうとしなかった、愛情や、優しさにあぐらをかいていたのかも知れません。

その間、相手は苦しんでいたのです。

おそらく、なんとか、元に戻りたいと苦悩して、それでも、別れを選ばずにいられなかったのです。

その気持ちは、理解してみて下さい。

復縁への行動

もし、本当に、復縁することで、自分は幸せを取り戻せる、という気持ちがあるのなら、

もう一度、始めるつもりで、行動に出ましょう。

しかし、いきなり、「帰ってきて。」では、余計に相手の気持ちを頑なにしてしまいます。相手の自尊心を傷つけ、心が一層離れていくでしょう。

我慢の時期は半年ほど、行動に移すなら、それくらいは後がいいでしょうか。

もし、相手が別の人を好きになって別れたとして、
付き合って、3ヶ月ほど、夢中になる時期があります。

その後、やっぱり前のステディの方がしっくりくる…と思い、前のステディを恋しがる、というプロセスがあるとすれば、恐らく、それくらい後になるでしょう。

もちろん、その間は、連絡はすべきではありません。
連絡したい気持ちを我慢し、その分、自分に気持ちを向けて、自分を癒す時間に使いましょう。

あなたの気持ちは、本当に相手に向けられていた、

愛し愛される気持ちがあった。

それは本当なのですから。

自分を見つめているうちに、もしかすると、相手はどうでも良くなるかもしれないですし、

新しい、好きな人も現れるかも知れません。

やっぱり、相手への気持ちは本物だと感じ、やっぱり必要な人なんだと思えるならば、
そこで、メールやラインで元気?くらいの連絡はしても良いかも知れません。

必要なのは、やり直す、というよりも、もう一度、初めから、という気持ちを持つ事かも知れません。

一度終わったのには違いないのですから。

終わったのなら、あんなヤツ、見返してやる!と、
これまでと全く違うファッション、
女性なら、メイク、
男性なら小物、を身につけてみるのもいいかも知れません。

知らぬ間に、相手の好みに合わせていたなあ、と気付いて、
それって似合っていなかったんじゃないか?
もっと、自分を素敵に魅せられるはず。
と、研究するのもいいと思います。
だって、自分の身に付けるものですもん、自由ですよ?

別れるというのは辛いですが、
自分だけの時間を手に入れた、ということでもあります。

何かを手放さなければ、他の何かを得られない、というのはあると思います。

そして、自分にとって、大事な物を探していきましょう。

そうしているうちに、半年なんて、すぐに過ぎてしまいます。

おや、一人でも平気かも?
ちょっと、前よりメイクも自信出てきたかも?
前より、イケメン度が上がってないか?
ちゃんと、見てて下さいね、自分のことを。

自分を「上げる」時間は、決して復縁したい相手だけに向けられるものではないのです。

一層、魅力的な自分になる。それは、自分のため、あるいは、周りの友人や、仲間のためにもなるのです。

あの人、失恋して落ち込んでいたけれど、今、生き生きしている!

勉強や、仕事にも身が入っているし、身なりもきれい。そんな、憧れられる人になりませんか?

失恋は、新しい自分になるチャンスでもあります。

思いきり落ち込んだら、後は上がるだけ。

そもそも、自分の限界が来ていたから、別れになった訳で、
限界というのは、前の相手との間のことだけ。
自分の限界なんて、本当はないんです。

もしかすると、偶然出会ったりするかもしれませんね。

偶然会った時に、前と同じでは、相手は振り向かせられません。

もし、付き合っていた時よりも、素敵なオーラを発することが出来るなら。

相手は、どう思ってくれるでしょうね?

あや?なんだか雰囲気が変わった…気になる…
そう思わせておいて、
また時間をおいて、こちらは、自分のことを磨くのに自分の時間を使っている、という意識を強く持つことです。

きっと、あなたの事を気になって、連絡して来たりするでしょう。

もしかして、新しい相手が出来たのか?とか勘違いしたりして。

そこで、「どうかな?」なんてはぐらかして、自分を気になる存在まで引き上げるのもいいかも知れません。

でも、本当に会うんだったら、思い切り、自分を「アゲてから」にしましょう。

会えない時間は、辛くて、我慢の日々と捉えがちですが、

せっかく自分の時間が出来たのですから、

魅力的な自分を、自分の中から引っ張り出して、持ち上げて、
それからにしましょうね。