倦怠期を乗り越えて、再びラブラブに

2018年8月4日

倦怠期。

嫌な言葉ですが、なんだか、お互いに飽きてしまって、どうしようもなくなった状態に見えますね。
歳を取った夫婦だけのものではありません。
付き合いが長いほど、ほぼ必ず訪れます。
そして、「愛情がなくなった。」
とか、
「方向性の違い。」
と言って、別れてしまったり、
一緒にいるけど、なんの感情も湧かない、なんて事になってしまいます。

飽きる、という事は、刺激がなくなる、という事ですね。
血気盛んな方ほど、マンネリ、退屈を嫌いますから、
いつも同じパターンのデート、
いつも同じパターンのセックスでは、
物足りなくなるのは当たり前です。

この人、なんでこんなにつまんない人になったんだろう、と、
相手に思ったりします。

こんな人と、一緒にいても仕方ないのでは?

 

でも、ちょっと待って下さい。
それは、あなたの見方が変わったのではないですか?

つまり、相手は最初から変わっていない、そのままの相手なのです。
自分の見る目が変わっただけの事なのです。
自分が、つまらないから、
相手もつまらない存在だと思っているだけなのです。

これは、投影という心理学用語ですが、

自分の気持ちと同じ思いを、相手がしているという見方のことです。

相手も、自分のことを、つまらないと思っているんじゃないか?

そんな恐れを抱いている人もいらっしゃるかも知れません。

それを踏まえて、もう一度、相手を見てみませんか?

相手を見た時に、悪いところ、ぐうたら、面倒くさがりで、気が付かない、というところが目につく、という事があります。
でもそれは、最初からその人が持っている性分で、
最初は、格好つけて取り繕ったりしていますから、目立たないかもしれませんが、
慣れて来て、やっと、本当の自分を見せられてホッとした途端、
あいつは変わった、と勝手に判断されてしまったのです。

相手は何も変わっていないのです。
本当の相手を見ていなかっただけなんです。

もしくは、自分もぐうたらだったりしますが、

それを良くないと思っているから、相手のぐうたらを許せなかったりします。

良く、尊敬出来る相手がいい、といいますが、
先に自分から尊敬しないのに、
相手が尊敬出来る訳がないのです。

そして、その気持ちは、確実に相手に伝わります。

そして、相手も、自分に興味を失います。

長く付き合うには、
分かるように、尊敬の言葉を掛けたり、
好きだという気持ちを伝えないと、
手抜きの付き合いになってしまうんです。

価値観を伝える。

長い付き合いになればなるほど、おざなりになりがちな行為です。

わかっているだろう、という甘えです。

人に甘えるというのは、人の愛情を当たり前だと思ったり、愛情の上にあぐらをかくことではありません。

でも、いつしか、そうしてしまいがちになるのが、「慣れ」というものです。

刺激は、そう長く続くものではありません。

でも、刺激を続かせるには、常に送り続ける事が必要になります。

愛情を、です。

結婚して子どもがいる家庭ですと、子どもには愛情を注ぎ続けるのに、夫婦間はそれを止めてしまうということが有り得ます。

子どもは成長するし、子育ては、問題の連続です。

もちろん、ある程度大きくなるまで、見守ったり、傍にいる必要があります。

だから、刺激に成りうるのです。

夫婦は、その関係性がなかなか変わりません。もう、大人になってしまい、成長は見込めません。

仕事で出世したり、昇給したら、興味を持ってくれるかもしれませせんが、愛情での興味とは言えないですよね。

子どもがいない恋愛でも、同じデート、同じセックス、そうして、お互いに興味を失っていきます。

では、相手に、興味を持ち続けるのは、そんなに難しいのでしょうか。

実は、見ているようで、相手を見ていないのではないですか?

浮気などされて問題になって、慌てて、相手の行動を追跡する。

そうなってからしか、相手を見ないとしたら、悲しすぎませんか?

 

問題として、自分たちの前に現れます。

これまでのそれまで、事態を放っておいた結果が、です。

そこで目を覚ますカップルも多いのです。

本当は、愛しているのだということに。

もう一度、見直して、惚れ直して、
ラブラブになりましょう。

そんな事言っても、やっぱり愛情がなくなった、というのなら、
一度リセットも良いかも知れません。

身体の関係はちょっとお預けにして、
もう一度、女性らしさ、男性らしさを発揮してみるんです。
ちょっと手を抜いていたお洒落、
言葉遣い、
人への感謝、
元々持っていた自分の魅力を、さらに輝かせてあげましょう。

もしかすると、勘違いして、別の人がくっついてくる可能性もありますが、

あー、自分も満更でもないな、
人を惹きつける魅力はまだあるな、と再確認してみて下さい。
そこで、本気で別の人が良くなったら、
ステディとのお別れも仕方ないかも知れません。

恋愛は自分の為にするのですから、
気を抜いたらそれだけ、自分に返って来ます。
倦怠期は、自分達の恋愛を見つめる、ターニングポイントと思ってみるのはいかがですか?