お互いの過去って気になる?

2018年8月4日

短い恋で終わってしまって、

新しい恋愛が始まったとき。
当たり前ですが、相手の、前に付き合っていた人、というのが存在します。

そんな、前のステディの事、気になりますか?

どんな人だったのかな?と思うのは当然だとしても、

どんな付き合いをして来たのか、気になり出すと、止まらないものですよね。

相手に、突っ込んで聞いてみたりして。

恋愛が初めてではない場合、こちらの過去のステディのことも、

相手は気になっていることでしょう。

これまでの人数、どれくらいの長さの付き合いだったのか、全て聞き出さないと、気がすまないという人もいらっしゃるでしょう。

今、やたらと、処女信仰がネットなどで叫ばれてて、
やれ中古は嫌だと言う男性もいらっしゃいますが、
女性なら、そこで、前の奴より自分はいい男だ、忘れさせてやる!
くらいの事を言って欲しいと思いますね。

男性も、今度こそは、上手くいきたいと思って、あなたを選んだのですから、あなたにも堂々として欲しいと思うと思われるのですが、

心配をするあまり、猜疑心を抱いてしまうこともしばしばあるのでは。

女性は上書き保存と言いますから、
大抵、新しい彼が出来たら前の人はどうでも良くなります。
なかなか、前の彼を忘れられない人は居ますが、それも、新しい人が出来るまでという人も多いでしょう。

でも、もし、好きになる時に、彼の過去を周りから知らされたら、
彼が、昔の彼女と、今の自分を比べているんじゃないかと疑ってしまいます。
前の彼女の特徴が分かったり、知っている人だったりすると、なおさら、まだ忘れていないのではないかと猜疑心も膨らんでしまったりします。

男性は名前を付けて保存だそうですから、
幸せに出来なかった彼女の事を、ずっと気にしていたりします。
また、忘れていない、と思い出す事で、自分がまだ気にかけているんだ、と優しさを確認する事も。

これは、ある程度、仕方ない事のようです。

前の彼女、彼氏なんか、忘れさせてやる!と意気盛んな人もいらっしゃいますから、
それくらいの気持ちで居た方がいいのかも知れません。

仲良くなりたいのに、近付けない人の事を書きました。
要するに自信がないんですが、
前のステディがどういう人か、気になって、勝手に自信を喪失してしまう人がいます。

嫉妬

つまりは嫉妬なのです。

相手が見えないからこそ、自分の中で妄想を膨らませてしまうのです。

相手を神格化というか、上に見すぎてしまう人も要注意です。
こんなステキな人に好きだと言われたけれど、すぐに前の人と比べられてしまう、などと思いがちになります。

恋愛は対等であるもののはずです。

上も下もないのです。

憧れの人と接近できただけで、嘘みたい、と舞い上がるのは分かりますが、

いつまでも、自分は相手の下にいるという感覚はどうでしょうか?

言いたいことを言えないで、相手のいいなりになり、自分が出せないまま、また別れに結びついてしまうのです。

肝心なのは、自分を相手と対等になること。

対等であるというのは、過去は関係ないということ。

その気持ちに至るのは、なかなか難しいかもしれませんが、

自分をその気にさせるのは、自分次第。

自分の力でコントロール出来るのは、相手ではなく、自分だけなのです。

 

過去を気にするのは、相手ではなく自分ですから、
相手も自分の過去を気にしているだろう、較べられているんじゃないか、と、勝手に自分を相手に投影してしまう事があります。

それが、嫉妬になって、自分の心を埋め尽くします。

相手を見ないで、過去の人ばかり気にしているのでは、相手が、自分の事を見ていないと感じてしまいます。

そして、あなたの気持ちがどこにあるのか分からず、不安になってしまいます。

でも、相手が何を考えようと、他人と自分を較べるのを辞めるのは自分次第なのです。

自滅しても、つまらないですよね。それに、相手が可哀想ではないですか?

前の人とは、違うから、新しい魅力のある人と思って接近したはずなのに、
わざわざ、自分を貶める必要はないわけです。

貶めている自分を好きになってくれる人はいないと思います。

どうしても、相手の過去が気になるなら、
まず、そんな自分の過去を振り返りましょう。
どこかで、躓いたところがあるはずです。
好きな人が居たのに、告白も出来ずに諦めてしまった、とか、
告白したら振られてしまった、とか、
恋愛が上手くいかず、破局した、とか、
失敗した、と、強く思う気持ちを、引きずっていませんか?

その頃の自分に戻って、もう大丈夫だよ、

今度は、上手くいくよ、と、あなたの心を自分で抱きしめてあげてください。

それが出来たら、ステディがあなたを抱きしめてくれますから、その気持ちを大事にしてあげて下さい。

 

上手くいきたいと思えば思うほど、心配にもなるもの。幸せになりたいという気持ちの表れなのです。

幸せになる資格は十分にあります。

それに向かっていきませんか。

もう心配はないのだと。

自分は愛され、愛すことが出来る存在なのだと。

幸せになれるんだと。