復縁、別れ、その後

2018年8月4日

 

浮気という問題について、書いて来ました。

浮気というのは、寂しさが増長して、自分をコントロール出来なくなって起こしてしまうもの。

いつしか自分勝手になって、自分を見失ってしまった人は、ステディも、周りも振り回してしまいます。

それが、問題になるという事。
そして、それは、ターニングポイント。今までの自分を変えるチャンスです。
事態に流されない、負けない自分を持つように、変化していくのを厭わないということ。

そして、自分のいいところを見つめ直し、伸ばしていく。

柔軟性を持っている方が解決も早いのです。

解決に向かった結果、

復縁に成功出来る人たち、
別れに至る人たち。
様々です。

前回、許すというお話をしましたが、
許した上で、別れを選ぶ事もあるでしょう。

お互いを知って、より、思いが深くなるという事もあるでしょう。今までより、もっとラブラブになって、ロマンスを取り戻すこともあるでしょう。

ちなみに、年齢は関係ありません。

付き合いの年数も関係ありません。

どちらを選択したとしても、
これまでの事を相手に感謝して、
お互いの幸せを願って前に進む。
こうなれればいいですよね。

ですから、復縁すれば幸せ、離婚したら不幸せ、と、考える必要はないのかも知れません。
離婚して、生き生きしている方も沢山いらっしゃいますから。自分の考えで、納得出来るなら、
どちらに至っても、次は幸せになれると思います。
そして、形は特に拘らなくても良くなるのかな、と思います。

筆者は、色々な経験をしましたが、結婚は出来たらした方がいいし、離婚は出来ればしないに越したことはないという立場ですが、
結婚が破綻しているのに、無理に続けるのは、どうかと思います。

なんだか、不幸にしがみ付いているようにしか見えないですよね。

本人たちも、幸せでないと気付きながら、自分たちを変える事ができないのは辛いことです。

問題が起こり、お互いを許せたら、あとは、どんな形でも、友達としても、付き合いは続いていくという事も可能です。

これまでを知っている同士、唯一無二の親友になる可能性もあります。

そこまでたどり着く事が出来たなら、例え別れても次の恋人を探そう!と目を向けるようになれますし、
ありのままの自分に戻れたなら、その魅力に気がついてくれる人が現れますよ、きっと。

ですから、いい勉強だったと思って、
成長した自分を、周りに見せつけて下さい。
あの人、変わったね、と言われるようになったら、しめたものです。

これは、筆者の周りの例なのですが、離婚を選んでも、仲の良い二人、というケースはあります。

入婿さんでしたが、10年ほど前に離婚し、子どもは、親権は母親が持っています。

ですが、父親にも自由に会わせています。

父親の方が、病的とも言うほどの女好きで、金遣いも荒いので、結婚生活は続けられないという結論に至ったようです。

なぜか、浮気する人は、ステディも切れない人が多いですね。
やはり、寂しいということなんでしょうか。

仕事などで、自分の事で精一杯だと、恋愛も投げ捨てて、仕事一本で行きたくなるのが男性の良くある性質のようです。
でも、恋愛で、二股をかけると、どちらかは選べなくなる…なんだかズルいですけどね。

ちなみにその父親の方は、とても子煩悩で、驚くほどいろんな事に熱心で、(だからこそ、女性関係も、二股三股、エネルギーが有り余っているのかのように動き回っています。)そして、子育てにも、ポリシーを持っているようです。
やりたいことは、やる、という。

そして、離れていても、お子さんは父親にも懐いていて、息子さんは一緒に野球をやっているようです。
父親は、今は息子さんの所属する、少年野球チームの監督さん。野球は好きですが、経験はないという(笑)

加えて言うと、母親の方、モデルかと思うほどの美貌なんです。
再婚してもおかしくないのに、跡取り娘さんとはいえ、お一人でいらっしゃる。
本当は、元の旦那さんと、一緒に居たいんじゃないかな…と思わせます。

元々幼馴染でしたので、
今も程よい距離を置いて会っているようです。

なんだか、もう、細かい事は目をつぶって、達観したかのような二人です。

そういう、間柄もあるという事です。

二人だけで作る恋愛、結婚、そして離婚。
二人で納得して、好きにやるのもいいんじゃないかな、と、筆者は思うのですが、いかがでしょうか。

人に惑わされず、
自分を貫く。
ワガママなようですが、

実は周囲も安心できるし、幸せになれるんです。

なんだか、不思議ですけどね。

ああ、あいつは、それで幸せなんだ、そう思わせるような生活をする方がいいということです。

なんだか、羨ましくなりませんか?

離婚はできればしたくないものですけれども、それで、分かり合えることもあるということ、

そして、そこの域までたどり着くということが出来ること。

なんだか、不思議ですけどね。

 

浮気について、苦しんでいる方が、これを読んで、少しでも楽になりますよう。