別れる?その前に。

2018年8月4日

ここまで、浮気をする側、される側について述べて来ました。

浮気が発覚すると、別れないといけない、そういう気持ちに至ることでしょう。

浮気をする側は、既に代わりの人を手に入れていますから、これまでステディだった方が居なくなっても、困らないと思ってのめり込んで居ます。

浮気をされた側は、自分でなくてもよいと思われているという、無価値感に苛まれ、思いが離れているなら、別れを選んだ方がいいと思うようになっていきます。

でも、ちょっと待って下さい。
それは、本当に別離を前提とした浮気なのでしょうか?

もしかすると、浮気をした相手は、
やり直すための、起死回生を狙っているのかも知れないのです。
そもそも、浮気問題が出てきた時点で、二人の関係そのものを見直す、大きな分岐点に来ている、と捉えるべきなのです。
そこまでで、小さな修正をしてこれたなら、大きな問題にならなくて済んだのでしょうが、
浮気にまで至ったという事は、
それまで放置してしまった、という事でもあります。

もちろん、別れる気が大きくなる前に、その芽を摘んでしまおう、という意味で話をしております。
早ければ早いほど、戻って来てくれる可能性が高くなります。

①浮気しても、なんだかんだと連絡を取って来たり、会おうとする

これは、ステディとの関係をなんとか挽回したいという気持ちがあると思われます。
浮気しておいて、ステディとの関係も挽回って、欲張りだし、許せない!という方なら、さっさと次の人を探すのが得策でしょう。

しかし、心の中では、ステディとの間に出来てしまった隙間をなんとかして埋めたいと思っているものです。

隙間というのは、例えば、
仕事が忙しくて、恋愛どころではなかった、とか、
あの一言が引っかかるんだけど、改めて聞くのも憚られる、など、
意外に簡単に出来てしまうものです。

その隙間を埋めようと思っていたら、
新しい相手が、すっと入り込んでしまった。

でも、ステディとの関係を挽回したい気持ちは変わらないですから、自然に二股をかけることになります。

なかなか、二股というのも上手くはいかないもので、
良心の呵責に悩んで、黙っていることが出来ず、本当の事を喋ってしまい、ステディを傷つけることが多いのです。

そうすると、ステディの様子を見て、後悔し、罪悪感を抱えるようになりかねません。

もちろん、起死回生を図る、といっても、
無意識に、ということですので、
本当は別れたくないんだけど、仕方なくしているんだ、という事はありません。浮気相手とも、楽しくやっているでしょう。

そうなると、傷つけてしまったという意識が、やはり無意識のうちに、澱のように心に溜まっていき、自分を信じられなくなったり、
どっちつかずに終わったりもします。
また、罪悪感を隠すように、開き直ったりします。
どうせ、バレてしまったんだから、好きにしてやれ、と言わんばかりに。

ですから、出来れば、そうなる前に、浮気をした相手を救う意味でも、分かった時点で対処するのが望ましいのです。

②浮気相手にのめり込んで連絡も全く無視される

最初は、嬉しいのでしょうね。傷を癒してくれる相手が見つかって。
とりあえず、浮気相手と一緒にいれば、傷を癒した気分にはなれます。
しかし、置いてきぼりにした相手を考えると、その傷がまた見えてきて、
余計に元の鞘には戻り難くなります。

こういう時は、熱が冷めるまで待つ必要はあるかも知れません。

浮気された人には、それまで待つなんてあり得ないシチュエーションですが、その対処法は、次回に書くことにします。

③浮気したのは、ステディのせいだと、責任転嫁する場合

これも良くある話なのですが、浮気をしたのは、ステディのここが悪いからだ、ここが至らないからだ、と詰る事。
浮気したのは自分なのに、良くそんな事が言えたものだ、と、言われた方は呆れてしまうでしょう。

しかし、これも、傷ついた心を見せまいと、必死に隠しているのです。
人というのは、相手のことを、自分の見たいように見ます。
自己嫌悪や、傷ついた心があればあるほど、その陰の部分は見せようとしません。
しかし、きっと、相手は自分を責めているだろう、と思いたがるのも、その傷がある故です。
相手を責めれば、自分は責められない、そんな心理が働きます。
それで、責任転嫁を図ろうとするのです。

これも、責められる方はたまったものではありませんが、時折、自責にかられる言葉を発する事がありますから、
辛いですが、言葉の端まで、注意して聞いているのは大事だと思います。

浮気する人も、傷ついている。
助けを求めている。
それが分からないと、
お互いに責めるだけで喧嘩ばかりになり、
本当に別れを迎えてしまうでしょう。

いずれにしても、相手の本当の気持ちはなかなか分かりません。
話し合いをしよう、とするだけで、
責められることは分かっているし、
罪悪感は、自分で増幅するしで、
泥沼になってしまうことも多いのです。

でも、ここで別れる、というのは待って下さい、という内容を、次に書かせて頂きます。