熟年結婚の難しさ

2018年8月4日

 

熟年結婚に難しい点があるとすれば、
周りからの反対、そして、自分たちの年齢、それまでの環境にまつわる心配、でしょうか。

①子どもからの反対

子どもからは、例えば離れ離れになった片親の事を考えるでしょうし、
複雑な気持ちになるでしょう。
もう一方の親が、一人でいらっるなら、尚更、蔑ろにされているような気持ちが起きてくるのは当然です。

そして、親が一緒になる他人を、子どもが受け入れる準備がないと、反対に回りたくなります。

再婚する相手を大事にしているところを見せて、もう、この人と一緒になるんだ、と、納得して貰う、
あるいは、幸せになる事を違って、安心して貰う必要があるでしょう。

そして、別れた元妻、元夫への気遣いは必要になってくるでしょう。

金銭的な取り決めがあって、別れているなら、それ以上、立ち入らないのもルールと思いますが、
心情的に割り切れない部分は残るかも知れません。

離婚の際に、気持ちを残しているか、
納得出来ないままとか、
恨みがまだあるとか、
そういった心理がまだあるかも知れませんね。

だからこそ、
お互いの離婚後が、幸せであるように願える、
それくらいに、心情的に独立出来ているといいのでしょう。

双方が、自分の幸せを見つめる事、
その延長上に再婚や、
一人で堂々と生きていく事を選択出来ると良いと思うのです。

②周りの人からの目が気になる

周りからは、今更、一緒にならなくても、と言われたりします。
結婚生活に疲れた人ほど、今更結婚を選ぶなどと、
信じられない、とでもいうような目で見るかも知れませんね。

自分が成し遂げられてない、幸せな結婚を、他人がする事に対する嫉妬なのかも知れません。

ですから、そんな声に惑わされる必要はないのですが、
もしかして、離婚や、別離を、失敗だったと捉えてしまうと、
また失敗する、幸せになれない、という周りの声に振り回される可能性があります。

若くても、歳を重ねてからでも、
別離は辛いものです。
自分が幸せにしてあげられなかった、
という気持ちがあると、
また同じことを繰り返してしまうかも知れない、という気持ちに至るかも知れません。

そして、なかなか、再婚を選べない、という気持ちになります。

③身体の機能

身体の機能的に満足させられない、という悩みもあるかも知れません。

身体の衰えは仕方ないものがあります。それは男女関わらずです。
薬で、若さを保ちたいという気持ちは分かりますが、
それがなくても、一緒に居られることで安心出来る、
といった気持ちを大事にする方がいいでしょう。
歳を取る、変化する、受け入れるのは難しいものがあるかも知れません。
でも、一緒に歳を取る、それを喜びに変えてみませんか?

④土地、家の心配

意外に多いのが、相続の悩みです。
離婚などされていたら、そこで、財産分与もされていらっしゃるでしょうが、
新しい相手、子どもへの相続というのも、難しいものがあります。

早めに法律の相談をして、クリアにしておく必要があるでしょう。

新居を構えるにしても、よく、田舎でのんびり暮らしたい、という方もいらっしゃいますが、
田舎暮らしの筆者としては、あまりお勧め出来ません(笑)

できれば、暖かい場所がいいかな?と思うくらいです。

よそ者を受け入れてくれるか、買い物はすぐ出来るか、いざという時にかかれる医院があるか、
諸々考える必要があります。

出来れば、子どもの家からそう遠くない所の方がいいでしょう。

場所は正直、関係なく、心地よい生活が出来るか。新天地が、新しい出発には必要というのなら、それもいいですし、

慣れ親しんだ場所が一番というのなら、そこで、心機一転、二人の生活を一から始めるつもりで、

愛の巣を作りましょう。

 

⑤自分の好きなことにゴーサインを出せるか

歳を取ると、安定が欲しくなります。
歳を取っても、血気盛んな方もいらっしゃいますが、
安定が欲しくて、結婚に踏み切るということもありますね。

一番大切なのは、自分に結婚のゴーサインを出せるか、
それに尽きると思うのです。

相手を思う気持ち、
お互い、手を取り合って、残りの人生を生きる、
それに許しを与える事です。

自分の気持ちに許しを与えるということは、

これまで、節制して来た、勤勉に働いて来られた方には、意外に難しいものです。

わがままなのでは、という気持ちからです。

でも、これまで一生懸命働いて、熟年となった二人。

もう、自分たちのやりたいように動いても良いのではないでしょうか?

どんなに反対されても、
自分のやりたい事、
好きな人と一緒に居たい、という、
それに突き進めるか、という事です。

判断が鈍る、というのは、歳を取ると多くなるかも知れません。
大抵の事は、なんとかなって来たから、ある程度の歳まで無事に生きてこられました。

成功体験といいますか、うまくいって来たことからは、逸脱するのは怖いものです。

でも、ここで、自分の判断に、イエスを出し、先に進む。

それを、熟年になってからも出来るのは素晴らしいと思うのです。

ぜひ、幸せになって下さい。