熟年になってからの別離

2018年8月4日

人が熟年になってからは、
若い頃には思いもしなかった体の変調、
気持ちの変化、
そして、老いる前に、もう一花咲かせたい、
元気なうちに好きな事をしたい、など、
色々な想いがあると思います。

今は、70代でも、昔の70代とは違い、元気で、旅行も色々行き、
趣味に、地域のコミュニティにと、大忙しの人が沢山おられます。

逆に、早くに身体を悪くされてしまっている方も多くおられ、
それによって、生活が一変してしまうことも、若い時より可能性は大です。

ですから、出来るうちに、好きな事を、という人が増えて来ました。

これは、いいことだと思うのです。

熟年離婚について書いていますが、
もしかすると、若いうちにやり直したかった、という思いがずっと残ってしまっているのかなと思うことがあります。

もう、そのタイミングを逃してしまったと、思いながら、今になって、慌てているのではないですか?

もう、やり直しは効かないから、今度は一人で身の回りが出来るうちに、自由を取り戻したい、
そんな気持ちになっているのかも知れません。

もちろん、それを否定できる人はいないはずです。

離婚になると、一人にさせるのは心配、と言う家族や、周りの人の声もありますが、

歳を取っても、精神的には老いていないものですし、
やれるだけ、やってみてもいいのではないかと思います。

自分でやる、という気持ちが、老いを遠ざけるかも知れません。

でも、それは、もしかすると、他の人に、
「いい年をして」
と蔑まれるかも知れません。

そんな言葉が出てしまう人の心理は、それが出来なかった悲しみや、苦しみから来ているのかも知れませんし、
自らを自由から遠ざけて、がんじがらめにしているのかも知れません。

人の幸せは、人には分からないもので、
自分の中にあるものです。

人が幸せそうだからといって、同じことをして、自分も幸せになれるとは限らないのです。

後悔

何歳で一人になっても、後悔は付きまとうと思います。

後悔のない決断はないと言えるでしょう。二つの事が同時に出来るなら、既にやっているはず。

その決断、後悔に負けずにいられるか。

やっぱり、その決断は間違っていなかったと、納得できる自分かどうか。

年老いて、わがままなところがあると自分で思っていらっしゃるなら、そのままにしておいた方がいいかも知れません。

周りに何を言われても、です。

出来なかった訳

これまで、離婚をずっと考えていて、踏み切れなくて、今に至ったのだと思います。
その度に、出来ない理由を、思いついては周りに話していらっしゃったでしょうか。

・子どものためを思うと
・経済的に難しい
・世間体が悪いから
・一方的に悪者になりたくない

などなど…
それを、何回、思ってはため息をつかれてきた事でしょう。

でも、その理由は、自分がいませんよね。
自分が、離れがたかったのかも知れませんし、
やっぱり、家族としての体裁は保ちたい、と言う気持ちが優ったのかも知れませんし、
結婚生活を続けて来たのは、やっぱり自分が選んで来た選択だった訳です。

ですから、
離婚を実行するなら、
やはり、自分を第一に考えましょう。

お子さんは手を離れて、
へそくりも貯めたし、
もう世間体より自由が欲しい、と考え、
悪者上等!

と、自分が主体に、離婚へ突き進んでいくのです。

自分を主体に考えられると、不安がまずなくなります。

そして、自分だけで頑張らなくても、
頼りになる金策や福祉政策を見つける、子どもを味方につける、早めにこれからの自分が入るに相応しい施設の整った老人ホームを見つけておく、等、

いつでも、笑って離婚へ突き進む事が出来るのです。

これまで、自信がなくて、自分の事を大きく主張したがったり、
人を攻撃したがったりしてきたのではないでしょうか。

腹をくくる、というのは、自分の生き方だけを見つめるものです。

自分一人で、どう生きるか。
それを、主に考えてみませんか?

すると、夫婦の問題でも、相手は関係なくなります。
自分ばかり損していた、と思っていた人ほど、
自分を損する状態に置いていたはずです。
もしかすると、損している方が、
相手を悪者に出来て良かったのかもしれません。
悪口も言えますしね。

それを、自分本位にすれば、
周りは関係なくなっていきます。
相手が悪い、悪くない、関係なくなります。

もっと言うと、別れる、別れない関係なくなります。

不思議でしょうか?

熟年離婚を考えていらっしゃる方は、30年、50年という長い間、自分は被害者だという気持ちに苛まれて来られたことでしょう。

もうすぐ寿命だし、という思いや、
今更、そんな事してもね、という方よりも、
自由への渇望は、大きかったと思います。

少しの間でも、自由を手に入れたいのなら、
まず、自分を大事にして下さい。

これまで、よく頑張って来られたと思います。

どうか、ご自分を、自由にしてあげて下さい。

それだけの価値が、あなたにはあるのです。