結婚に結びつかない恋愛

2018年8月4日

恋愛から結婚へ、という話もしましたが、
結婚に結びつかない恋愛も数多くあります。

許嫁を勝手に決められていた昔から、悲恋の物語は多く語られて来ました。

まあ、今はそういう話ではなく、
経済的に余裕がないという、
それが真っ先に来るようですね。

もちろん、禁断の恋をしている人も、
結婚に繋がらない恋愛をしています。

今、過保護や、構い過ぎて子どもの存在を脅かす、「毒親」という言葉があります。
主に母親を指す事が多いのですが、
苦しみながら、それでも、親を捨てられない、共依存という状態になっている親子関係です。

そういった親を持っている、と思っている子どもは、
親に復讐する為に、どうすると思いますか?

親に、幸せな所を見せたくないと思うのです。
復讐の為に、わざと、幸せな結婚が出来ない、不倫をしたり、結婚出来ない事情のある相手を好きになったりするのです。
親を喜ばせたくない。
そういった理由で、幸せになれない恋愛をするのです。

ちょっとびっくりするお話かも知れませんが…

もちろん、一般的にも、結婚イコール幸せ、とはいかないかも知れません。
でも、復讐のため、親を不幸にするため、というのは、自分をどれだけ犠牲にしているのかと思わされます。
親本位の人生を送っているのです。

後でも書きますが、だめんず、DVを繰り返す人間を選ぶ娘さんもそういう方に多いのです。

個人的な例で申し訳ないのですが、
実際に親と折り合いが悪く、
喧嘩ばかりしている友人(女性)がいます。
見事に、結婚出来ない相手、
若くして内臓を患い、亡くなった、
バンドマンに恋をして、他の女性と結婚した、
稼げない男性と不倫の付き合いをしている、
と、結婚は避けているとしか思えない男性遍歴です。

両親が、自分が子どもの時から仲が悪く、結局離婚してしまったというのも心にのしかかっているでしょう。

一度、筆者は聞かれました。
「どうして、子どもを作ろうと思ったのか?」
いやいや、子どもを作ろう、と思ったことは一度もなくて、むしろ作る、という気持ちがそもそもなくてね。
単純に愛し合ったら出来たんだよ。
出来たら、産んで育てるじゃん、

それでやって来たんだよ、と答えました。
でも、理解出来なかったようです。

子どもが居る居ないは、価値観にかなりの隔たりを生んでいるように思います。

子どもさえいればいいという話ではありません。

子どもがいるとアピールされていると、ベビーカー通勤の方を揶揄したりする方もいらっしゃいますが、子どものいる方は、アピールはしていない訳です。

あくまでも、そのように見えるだけという、意識の問題です。

双方に価値観の断絶があるようで、悲しく思うことが多々ありますが、いない方には、いない方のモデルロールがあるようです。

結婚のロールモデル

結婚の姿というのは、
両親がモデルですから、
両親が仲良ければ、結婚ていいものだな、という考えを持ちますし、
離婚するなど、結婚に魅力を持てないうちに成長すると、
やっぱり結婚なんて意味がない、と、
思うようにもなるようです。

もちろん、親の不仲を反面教師に、
幸せになってやる!という人もいらっしゃるでしょうから、
一概には言えないんですけどもね。

結婚出来ない人と恋愛したがるように見える人は、
そんな心理を抱えているのかも知れません。

筆者も、夫に浮気をされ、幸せな結婚だったか、と言われると、そうではなかった、と言わざるを得ません。
でも、筆者の両親は仲が良く、しょっ中、一緒に旅行に行きますし、
仲良く畑や田んぼを耕し、
一緒にグランドゴルフを楽しんでますから、
理想の夫婦であるし、
こういう夫婦はちゃんと居るんだ、というモデルケースをいつも見せられています。

親本位ではなく、
自分本位の恋愛をしませんか?
親に復讐ではなく、
自分を幸せにしてあげましょう。

親を許せなかったら、許せない、でいいと思います。むしろ、とことん嫌うまで行った方がいいかもしれません。

もう、顔も見たくないと、距離を取るのもいいかもしれません。

しかし、親のことを、一生懸命探っているうちに、合点がいくところにたどり着きます。

その先に、ああ、自分の親は、こういう生き方しか出来ない人だったんだ、と、理解出来る時が来ます。

その時、親の呪縛から離れて、
自分の幸せを追える、
自分本位の恋愛、結婚が出来るようになるでしょう。

意外に、結婚には親の影響力があるということが分かります。

友人が、いくら年賀状で、幸せな家族の姿を見せつけてきても、結婚したいという気持ちになれないどころか、こんな年賀状送ってきやがって、と思ってしまうのは、そんな心理が働いているのかもしれません。

結婚だけが幸せではないですが、結婚して不幸せになると思い込むのも悲しいものです。

まず、結婚に対する価値観が生まれた時に遡ってみませんか?

そこで見つめ直した価値観に従ってみるのもいいかも知れません。

どんな価値観を、結婚に持ちますか?