深い恋愛に持ち込むなら

2018年8月4日

今、深い仲になるタイミングを伺っている方も多いでしょう。

または、身体の関係はあるのに、付き合っているのか、分からないという方、

一方的に振り回されている気がして、いつも不満を抱えている。

そんな方も多いのではないでしょうか。

そんな想いを越えて、
相思相愛に持ち込む気構えについて。

これは何回もお話している事ですが、
自分に自信がないと、相手や、周りに振り回されるだけのお付き合いになってしまいます。

前にもお話したように、
相手好みの女性に染まりたい女性も多くいらっしゃいますし、
行きたいところを決められず、女性に決めてもらおうとして呆れられた男性も多いと思います。

自分に自信がないのですね。

そんな事言われても、ある程度、相手に合わせないとやっていけないんじゃないの?

相手を想うほど陥りやすい考えなんです。

考えてみれば、
好きになった者同士は、
素の状態を見て好きになったはすです。
だから、それ以上、上に重ねる必要はないはずなんです。

でも、好きという感情は、相手に自分を良く見せたい、
と思うが故に、
要らない努力を重ねてしまいます。

それは、すぐに見抜かれて、相手をガッカリさせてしまいます。
頑張り過ぎ、という事です。
力が入れば入るほど、相手にも、余計な気を遣わせて、疲れさせてしまうというのは、
相手に合わせている本人には、なかなか分からないものです。

これに関しては、もっと力を抜いて、
ありのままの自分に戻りましょう。

デートの行き先などは、やはり、リサーチは必要でしょう。
ここがいいと思うんだけど、どう?という確認が出来れば良いと思われます。
それを怠って、最初から丸投げでは、やはり、この人、私の事考えてくれないの?
と思われても仕方ありません。

もちろん、自分の好みに合わせてくれる人が好き、という男性や、
プラン全部考えます!という女性もいらっしゃいますから、
最初のうちに、お互いの素の部分を見せておくのは大事です。

恋愛というのは、相性だと思っています。
他の方が、どんなに嫌う人を好きになっても、
自分が良ければそれでいいのです。

最初に持ったイメージと、全く違う素の部分を見せられたら、ギャップ萌え、と言って、
さらに相手を夢中にさせられる可能性は大です。

深く付き合うには、繕った自分で挑んでは良くないのではないか、という話です。

では、なぜ、繕ってしまうのか、というと、
素を見せて失敗した、とか、
元々の自分が嫌いだ、とか、
あまり褒められて育てられて来てない、とか、

自分を小さく見がちなのではないでしょうか。

日本人は、謙虚や、謙遜という美徳があります。
でも、それは、自分のいい所はありませんと言っているのではありません。

いい所をもっと磨きます、発展させます、という意味で使われているはずなのです。
なぜか、自分を卑下する言葉と捉えてしまいがちですが…

相手は、自分のいい所を見てくれているはずなのです。
でも、自分ほど、自分が分からないのも事実。

思い切って、周りの人に、自分のどこが魅力的か、聞いてみてもいいかも知れません。
思ってもみないところ、自分がコンプレックスと思っていたところが、魅力だと捉えている人もいらっしゃるんです。

筆者の話で恐縮ですが、
自分は声が低く、可愛らしい声ではなく、しかも滑舌が悪いので、
コンプレックスの裏返しから、声を使う仕事がしたくなりました。

筆者はコールセンターの仕事をしていた時期がありましたが、
この声で、相手にはどう思われるだろう、と気になって仕方なかったんですね。
でも、なんとか、自信を持ってやろうと思えるようになった時、
見知らぬ方から、
「あなたの声が素敵だなとずっと思っていました。」
と、わざわざ、引き止めて、言ってくださったのです。
コンプレックスのこの声を、です。
低音で、素敵だなと思っていたテレビでよく見る女性の声に似ている、すごく魅力のある声だと思っていた、と。

コールセンターのお仕事は、事情で、そんなに長くは勤められませんでしたが、
その言葉で、その後の仕事や、対人関係など、自信を持てるようになったんです。

自信が持てると、人に自分の考えを否定されても、腹が立たなくなります。

デートの場所に難色を示されたり、行動に文句を言われても、
だまって、そうなんだ、と納得出来るようになります。

自信を持って、提案が出来るようになります。

コールセンターの話に少し戻りますが、
接客業に携わった方は分かると思いますが、
クレームをつけて、しかも、長時間、怒る方に対峙することがあります。

そんな時に、自信があるオペレーターだと、
叱られているのは、自分が至らないからではなく、その方の問題だと、

物事を分けて考える事が出来ます。

文句を言われて、自分を貶めているのではなく、
問題を解決するのだと、考える事が出来ます。
自信がないと、それを、混同してしまって、悩んでしまうのですね。
恋愛に置き換えると、自信がないと喧嘩ばかりするカップル、もしかすると、DVに繋がってしまうかも知れません。

自信を持って、愛し、愛される為に、
自分の素の魅力、再確認してみませんか?
それが、愛され力、愛する力に繋がるとしたら、いかがでしょう。