この人、私のこと好きなのかな

2018年8月4日

 

勇気を出して告白されて、
「え、この人、自分の事、好きなの?」
というシチュエーションになったとします。

驚きですよね。今まで、好意を抱かれているとは知らなかった、または、あまり面識もない人から言われると。

では、どうしましょうか。

昔のお見合いなら、断るなんて始めから想定になく、
結婚式で初めてしっかり顔を見た、なんて、すごい時代もあったものですが、
今時、自分の気持ちをはっきり表せない、なんて事はありませんよね。

はっきりと、好意を抱いている、と言われて、嫌な人はいないと思います。

でも、付き合わないといけないわけではありません。当然ですよね。

ただ、条件が、とか、顔が、とか、生理的に、とか、まあいろんな理由でお断りということになるのは仕方ない事です。
我慢して付き合っても、いい事はありません。

最初から、無理だ、というのであれば、話は早いです。

傷が大きくならないうちに、断る必要があるでしょう。

でも、相手を傷つけないように、言葉は選ぶ必要はあるでしょう。

「自分には勿体ない」なんて言うのは、
ちょっと古いでしょうか。
かえって、勘違いさせてしまうということもありますから、
付き合えない、と言うことは、早めにはっきりさせる必要はあります。

自分を守るためにも。

ストーカーになってしまう人は、失恋を受け入れられない、自己愛が強い性格の人だと言われています。

自分を愛することが大事と、これまで書いてきましたが、自己愛とは違います。

自分を愛することが出来る人は、自己肯定が出来る人です。

逆に、自己愛の強い人は、自分のありのままを受け入れられず、自尊心ばかり高くなっています。難しいですが、相手の気持ちも当然受け入れられません。

断る自由も、相手に与えないのです。

告白してきた人が、そういう気質かどうかは分からないですよね。

だから、ナンパや、好意を持たない人からの告白は怖い、と、さらに恋愛を遠ざけてしまう要因にもなるのですが・・・

しかし、ストーカーに遭いやすい人も、やはり原因があります。

物事がはっきり言えなくて、相手にズルズル合わされてしまう、主張が出来ない、といったタイプです。

嫌われたくないのは誰でもそうでしょうが、八方美人で、相手を傷つけたくないと思うほど、

ストーカー気質の人には、付きまとわれる事になります。

最初の一発目が肝心なのです。やんわり、傷つかないように拒否をすると、勘違いを起こして、逆上させることになるので注意しましょう。

被害にあってしまったら、自分ひとりで抱え込まないで、きちんと、警察や、専門の相談所に話を持ちかけてください。

自分の身は自分で守りましょう。

 

話は変わりますが、

この人、本当に自分の事、好きなのかな?と思う事例は他にもあります。
付き合って、特に問題もないし、
むしろ自分からは好意も抱いているのだけれど、
なんだか、肩透かしというか、
手応えがないというか、
本当に愛情があるのかな?
と、心配になるような事態になる事。

例えば、
好きだという素ぶりを見せていながら、、
なんだかよそよそしい。
自分から、次会える日を言ってくれない。
なんか、逃げてる?距離を取っている?
と思うような相手。

ふとした事で、相手の地雷を踏んでしまい、怒ってその場を立ち去られてしまった、なんて経験を持つ人もいらっしゃるのではないでしょうか。

世の中には、そういう素ぶりが、思わせぶりではなくて、
素のスタイルだったりする人もいらっしゃいます。

逃げてる、ということは、
痛い目にあった過去があったり、
親密になると、自分をさらけ出す必要があって怖いという心理が見えます。

本当は仲良くなりたいんですよね。
でも、怖い。

大人になると、スネに傷を持っていない人はそうそういませんから、どこかで拗らせてしまった人もいるんですよね。
でも、そんな人ほど、魅力があるというか、謎を秘めているようで、そこに惹かれてしまったり…

これは、じっと待つしかありません。
自分は怖くないんだとアピールしながら。

ネコを拾って来たはいいが、なかなか懐いてくれない、
でも、一生懸命エサをやって可愛がっていたら、そばに来るようになった。
そんな感じに似ているでしょうか。
ネコと一緒にしていいのか、というのはまた別として…

ただ、いつまでそれを見守っていいのかが分からないので、好意を持ちながら業を煮やしてしまい、
その結果、また相手は、やっぱり自分を愛してくれる人はいないんだ、と、またネコに戻ってしまう事も。

なかなか素直になるって難しいですね。

でも、どうでしょう。そんな追いかける自分、素直になれない自分、まんざらじゃなかったりしませんか?

反応のない人を振り向かせる、また、そんな、掴み所のない人を一生懸命振り向かせたくて頑張る人がたくさんいらっしゃるようです。

掴み所のない所も、また魅力なのです。

だから、気がすむまで、追いかける、追いかけられるをしてみて下さい。

ご馳走さまでした。